病院

摂食障害は的確な治療を|ココロとカラダの問題

進行具合で変わる

手術が必要とは限らない

病室

大腸がんだとしても必ず手術するわけではありません。医療技術の進歩により、現在は腸の中に医療機器を入れて治療する方法が増えています。もちろん、初期の大腸がんに限られますが腸の中を見ながら診察してもらえるので、的確な診断を受けることが可能です。大きくなっていない大腸がんであれば、その場で切除してもらえるので治療が終わることも多いです。ただし、経過を見なければいけませんので切除されたからといって油断してはいけません。大腸がんになってしまう原因の一つに、食生活があります。治療をしっかりと受けることも大切ですが、食べるものも変えていくことも重要です。肉類を控えて、野菜などの腸内をきれいにしてくれる食品を多く摂取すると大腸がんの予防だけではなく、健康にもよいです。

早期に見つけることが大切

大腸がんは自覚症状がほぼなく、痛みなどの症状がでた時には進行していることが多いです。できるだけ健康診断などを受けて、異常があるならば早めに医師に相談することです。早期に発見できれば、ほぼ手術することなく治療を進めることができます。時間がたてばたつほど、大腸がんは悪化してしまい治療にも多くの時間を必要とします。治療が必要になった場合は、医師ときちんと相談することから始めるとよいです。大腸がんの大きさなどによって、治療方法は変わっていきます。大腸がんは男女問わずになってしまうものですが、早く発見して治療をしていけば短期間で治すことができる病気です。毎年検査などをきちんと受けて、確認していけば問題ありません。